家系ラーメンは高カロリー!ダイエット中に太るor太らない食べ方とは?

家系ラーメンのカロリーは約1000kcal!まずは栄養成分を分析

ダイエット中だけど家系ラーメンが食べたい!そんな日ってありますよね。

そんなときまっ先に気になるのが、家系ラーメンのカロリー。見た目からして高カロリーな予感がすると思いますが、その予感は正解です。

家系ラーメンは1杯あたり約800~1000kcalあるんです。

シンプルなしょうゆラーメンは500kcal、博多とんこつラーメンも500kcal、塩ラーメンも500kcalという数字を並べてみると、ラーメンの中でも家系ラーメンは高カロリーの部類に入ることがわかってきます。

また、家系ラーメンといったら、スープやのりと一緒にライスを食べるのがデフォルトですよね。ライス1杯200kcalとすると、家系ラーメン+ライスで約1000~1200kcalのカロリーになってしまうわけです。

食べたいけれどかなりやっかいなカロリーを持っている家系ラーメン、どうやれば太らずに食べられるのか一般的な回答と、「俺はこう食べる!」という私なりの意見も交えながらまとめていきます。

家系ラーメンのスープ飲まないで麺だけのカロリーは、450kcal

ラーメンだけでおよそ1000kcalを持つ家系ラーメン、大きくそのカロリーを分けて考えるとスープと麺にわけられます。

家系ラーメンのスープはおよそ350kcal前後、家系ラーメンの麺はおよそ450kcal前後になっています。そのほかはチャーシューやのり、ほうれん草などのトッピングで100~200kcal前後になるのが一般的です。

しょうゆラーメンや塩ラーメンなどと比べると家系ラーメンの麺はかなり太い麺なので、麺だけでもシンプルなしょうゆラーメン1杯500kcalと同じくらいのカロリーになることを知っておきましょう。やっぱり炭水化物はカロリー高いですよね。

家系ラーメンのpfc(タンパク質、脂質、炭水化物)

ダイエットを始めて数ヶ月もするとカロリーだけじゃなく、栄養バランスも考慮した食事に意識が向いてきます。特にジムで筋トレとかを始めるとPFCを考える人が増えてきます。

PFCとは、protein(タンパク質)、fat(脂質)、carbohydrate(炭水化物)の頭文字をとったものです。

家系ラーメンのたんぱく質は15g

家系ラーメンに含まれるたんぱく質は主に麺の原材料である小麦に含まれているものと、チャーシュー1枚に含まれるものから成り立っています。小麦は炭水化物だけと思いがちですが意外にもたんぱく質も入っているんです。

だいたい麺100gあたり8g位のたんぱく質含有になるので、家系ラーメン1人分150gの麺には12g程度のたんぱく質が入っていることになります。

また、チャーシューは1枚あたり3g程度のたんぱく質があるので、家系ラーメン全体では15g程度のたんぱく質が含まれていると考えましょう。

たんぱく質は成人男性の場合、1日あたり自分の体重の数値分のグラム数取るべきといわれていて(体重60キロなら60g/日のたんぱく質)、1食あたり20gが目安になることを考えると、家系ラーメン1杯に含まれるたんぱく質はバランスの良い量だといえそうです。

家系ラーメンの脂質は40g

1日に必要なエネルギーの20~30%は脂質から摂取した方がよいと言われています。

例えば成人男性の場合、1日2000kcal必要だとするとそのうちの400kcal~600kcalは脂質からとりましょうというイメージです。

成人女性なら、1日1500kcal必要だとするとそのうちの300kcal~450kcalは脂質からとりましょうというイメージです。

脂質は1gあたり9kcalあるので、1日2000kcal必要な成人男性なら36g~66g、1日1500kcal必要な成人女性なら33g~50gの脂質が1日あたり適量となります。

家系ラーメンの場合、1杯あたり約40gの脂質が含まれているので、1杯でほぼ1日分の適正量の脂質が含まれているので、かなり脂質量が多いことがわかります。家系ラーメンが太りやすいといわれる原因のひとつは、脂質量がかなり多いからともいえそうです。

ちなみにシンプルなしょうゆラーメンだと1杯あたり脂質は3g程度なので、いかに家系ラーメンの脂質が多いかがイメージできるのでは?
ましてやダイエット中なら極力脂質を控えたいものですが1杯で1日分の脂質が含まれているのはやっかいではあります。

家系ラーメンの炭水化物はライス込みで120g

家系ラーメンの炭水化物は1杯あたり約70gです。これはしょうゆラーメンや塩ラーメンとほぼ変わりません。家系ラーメンの炭水化物は主に麺に含まれているので、麺を大盛りにしたらその分、炭水化物量も多くなってしまいます。また一緒に食べるライスも炭水化物の塊で1杯150gあたり炭水化物は50gも含まれます。

家系ラーメン+並ライスを食べるならだいたい120gの炭水化物を1食で摂取するイメージです。

ダイエット中の場合、炭水化物をなるべく取らないようにする人は多いと思います。低炭水化物ダイエットを私もしているので、普段はライスはほぼ食べません。肉や野菜に含まれている炭水化物でも1日30g位は摂取してるので、健康上はそれで充分だと思ってます。

ダイエッターにとって、「家系ラーメンの炭水化物多すぎ」ってことです。

家系ラーメンは太るのか?そりゃあ毎日食べれば確実に太るよ!じゃあ太らない食べ方を教えよう!

ここまでカロリーから栄養素まで細かくみてきましたが、結局、家系ラーメンは太るのかというとやっぱり太るよねってことです。

カロリーは高いし、PFCの視点で考えてもたんぱく質は少なめで炭水化物がめちゃくちゃ多い、太りやすい食事であることは間違いありません。

では、そんな家系ラーメンを食べても太らない食べ方をご紹介します。

家系ラーメンの太らない食べ方でよく紹介されてる一般論

まず一般論からです。

太りやすいおデブの元、家系ラーメンを太らないように食べるにはどうしたらよいか、一般的によくいわれているのが、スープは飲まずに残しましょう、ライスは食べないようにしましょう、油少なめ味薄めでオーダーしましょう、の3つです。

まあ、確かに、カロリーの摂取を少しでも減らすためには正しいアドバイスなんですが、そもそもダイエット中に家系ラーメンなんて毎日食べないですよね!?

たまの息抜きで食べる家系ラーメンをこんな厳しいルールの中で食べても美味しくないと思うんですよね・・・

だから、個人的には「スープは飲まずに残しましょう、ライスは食べないようにしましょう、油少なめ味薄めでオーダーしましょう、」の3つの呪文は嫌いですね。

ダイエット中だからってそんな食べ方するべきじゃない!食べる時はがつんと行くべき!そんな中途半端なことしてたらストレス溜まるから!

ちょっと強めの意思表示をするならば、僕はこんな食べ方許せないんですよ。こんな食べ方は逆に太るとさえ思うんです。

いくらダイエット中だからって家系ラーメン食べるのに、スープは飲むな、ライスは食べるな、油は少なくしろ、物足りないなら代わりにほうれん草を増せ、のりを増せとかいわれてもさ、そのほうれん草でライスを食べたいわけでしょ!そののりをスープに浸してライスをつつみたいわけでしょ!それが出来ないならもはや家系ラーメンじゃないよ!って思うんです。

僕が思う家系ラーメンのダイエット中の食べ方はいたってシンプル。「いつも通り食べたいように食べようぜ!」ってこと。

家系ラーメンにご飯のライスは欠かせない!食べようぜ

ダイエット中なら胃袋も小さくなっているから、麺とかライスを大盛りにしなくたって充分お腹いっぱいになります。

並サイズのラーメンと並サイズのライス。これを思う存分スープと共に食べるべきなんですよ。

全部食べたって最大1200kcal。スープも飲まずライスも食べずで済ませたら600kcal程度で収まるかもしれない。でもたった600kcal節約できたからって、それ以上に満たされずストレスが溜まってしまったら結局、食後にスイーツが食べたくなったり、また1週間もしないうちに家系ラーメンが食べたくなったりしちゃうでしょ。

そんなことになるくらいなら心が満たされるようにごはんもスープも気にせず食べる。しっかり食べて満足感で満たされれば1ヶ月はダイエット中でも家系ラーメン欲は抑えられるはず。

太らない食べ方を意識しすぎるあまりかえってストレスが溜まって暴飲暴食に走ってしまうくらいなら、この1食は心も体も満たされるように好きに食べれば良いんです。

そうしたほうが気持ちもリフレッシュできてまた次の日から気持ちを新たにダイエットに励むことが出来るんですから、普通に食べた方が太らないと思いませんか?せっかく食べるなら存分に味わって満足感に浸り、エネルギーをチャージ。そのエネルギーで更にダイエットを加速させていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です